Outline開催概要

BENIZAKURA PARK ART ANNUAL 2020

札幌市真駒内に位置する紅桜公園において、2018年から野外芸術祭「BENIZAKURA PARK ART ANNUAL」を開催してまいりました。今年も3回目となるBENIZAKURA PARK ART ANNUALを8月22日〜9月30日まで開催いたします。

 紅櫻公園は、札幌市南区に総面積25,000坪(東京ドームの約1,8倍)の広さを有する私設公園です。昭和の高度成長期には円山公園と並び春の櫻、秋の紅葉で、文字通り花見など自然景観を楽しむ名所として家族連れで賑わいました。そして2017年、この紅櫻公園が創業以来の自然景観に親しむ場に加え、新たな創造性を育み発信させる場としてリニューアルしました。その第一弾として、2018年から自然豊かな環境を活かした野外展を中心の現代アートプロジェクトを開催しています。道内はもとより国内外の先進的、実験的な作品を制作するアーティストを招聘し滞在型制作などによるプロジェクトも行いました。

 開拓史以前はアイヌ民族の生活の場であり、開拓史では札幌市街化における木材の供給などの場となった歴史的に意味深いエリアにある紅櫻公園にて、作品展示は公園内の野外を中心に行い、豊かな自然環境を活かす展示となります。

 現在、コロナ禍の影響が続き、私たちの意識、生活様式は大きく変わりました。国外への移動も難しくなり、経済的な打撃も大きく、世界的な変容が起きています。来年のことも分からない状態が続いていますが、人は不安だけでは生きられない存在です。これらを踏まえ今年のBENIZAKURA PARK ART ANNUALでは、あえてテーマを設けていません。個人の意識が「いい気分」でいられることを大事にしたいと考えます。作り手も観る側も自然とアートを存分に楽しみ、みなさまがハッピーになることを願っています。

(今年より公園内は一部キャンプ場となったため、展示場所が変更となっています。詳細は、会場MAPにてご確認ください。)

参加アーティスト

  • 今村 育子
  • 上遠野 敏
  • 川上 りえ
  • 進藤 冬華
  • ニシダ ヒデミ
  • 渡辺 行夫
  • 小林 耕二郎(常設展示)
  • 斉藤 幹男 (常設展示)
  • 鈴木 悠哉 (常設展示)

国内外の現代美術家によるアートプロジェクト

開催時期 2020年8月22日(土)~9月30(水)10:00〜17:00 (9/21、23は休園)
会 場 紅櫻公園 札幌市南区澄川 389-6
駐車場完備
https://www.benizakura.jp
主 催 特定非営利法人 CAN
共催 株式会社 紅櫻公園
北海道自由ウヰスキー 株式会社
北海道自由ワイン株式会社
後援 札幌市
北海道新聞社
企画運営 CAI現代芸術研究所/CAI02
総合プロデューサー 寺田 英司(株式会社紅櫻公園 代表取締役)
ディレクター 端 聡(CAI現代芸術研究所)
キュレーター 佐野 由美子(CAI現代芸術研究所)
運営 吉泉 多佳子/東辻 聖(株式会社紅櫻公園)
紅櫻公園アートフェスタ
2020年9月13日(日)11:00〜14:30
入場料:300円(ドリンクチケット別途)
パフォーマンス
ジャンベ 縄文太鼓 茂呂剛伸、津軽三味線日本一 菅野優斗、神雅氣(ギター高谷秀司+ピアノ小川紗綾佳)

詳しい内容については、HPに随時掲載いたします。https://www.benizakura.jp

PAGETOP