Artistアーティスト

曽我 英子/soga eiko

曽我 英子/soga eiko

ロンドン大学スレードスクール彫刻学科卒業後、北海道でフィールドワークを行うようになる。

2 0 1 6 年に滞在した二風谷では、アイヌの着物「チカラカラペ」や鮭靴「チェプケリ」作りを習い、

ものづくりを通して、その土地の風景や歴史と人々の営みを実際に生活しながら学んだ。

フィールドワークから得た知識や、出会う人々との記憶を辿りながら制作を行い、それらを、映像、

テキスト、インスタレーション作品として発表している。アートの視点から、社会環境から感じる

違和感をどう理解し「問う」ことが可能であるかを探求しながら活動を続ける。

現在、オックスフォード大学ラスキンスクールオブアートで博士課程在籍。

一覧に戻る

PAGETOP