Outline開催概要

開拓史以前アイヌ民族の生活の場。開拓史では札幌市街化における木材の供給など歴史的に意味深いエリアにある紅櫻公園にて、北海道命名150周年という節目の年(2018年)に新しい創造性の発信をコンセプトとした国内外のアーティストによる現代アートプロジェクトを開催する。
作品展示は公園内の野外を中心に行い、豊かな自然環境を活かす展示とし、期間中はパフォーマンス等のイベントも開催予定。

参加アーティスト

  • kugenuma(アーティストユニット。Kio Griffith 美術家 / アメリカ+港 千尋 人類学者、写真家、あいちトリエンナーレ2016芸術監督 / 東京)
  • 木本 圭子(美術家 / 広島)
  • 高橋 喜代史(美術家 / 一般社団法人PROJECTA ディレクター)
  • 土田 俊介(美術家 / 明星大学デザイン学部准教授 / 山梨)
  • 中島 洋(映像作家 / 美術家/札幌国際芸術祭2017企画メンバー/シアターキノ代表 / 札幌)
  • 東方 悠平(美術家 / 青森)
  • 祭 太郎 (祭の妖精・芸術家 / 札幌)
  • 山田 良(美術家、建築家、札幌市立大学院准教授/札幌)
  • 高石 晃(美術家 / 東京)

国内外の現代美術家によるアートプロジェクト

開催時期 2018年8月11日(土・祝)〜9月15日(土)10:00〜19:00 (月曜休)
会 場 紅櫻公園 札幌市南区澄川 389-6
入園料 300円
駐車場完備
https://www.benizakura.jp
主 催 特定非営利法人 CAN
共催 株式会社 紅櫻公園
北海道自由ウヰスキー 株式会社
北海道自由ワイン株式会社
企 画 CAI現代芸術研究所(有限会社クンスト)
オープニングレセプション
2018年8月11日(土)18:00〜
18:00-SAKURAホールにて、アーティストトーク
モデレーター:四方 幸子(キュレーター / 札幌国際芸術祭2014アソシエイト・キュレーター / 東京)
19:30-紅櫻本館にて、オープニングパーティー

モデレーター:四方 幸子

「BENIZAKURA PARK ART Annual2018 焚き火アートステージ」
2018年8月17日(金)19:00〜20:00
[出演]
祭 太郎(路上パフォーマンス)
rekpo&mayunkiki From マレウレウ(アイヌ歌唱/札幌)
※大雨の場合、焚き火は中止。室内でのパフォーマンスとなります。

PAGETOP